プレマリン数年服用したけど辞めようかな

プレマリン数年服用したけど辞めようかな

プレマリン数年服用したけど辞めようかな


※これはプレマリンのジェネリック医薬品の「プレモン」です

 

こんにちは。みさきです。

 

ネットを徘徊していると、ごく稀に「プレマリン○○年やりましたが辞めても大丈夫?」
とか
「女性ホルモン辞めたら男に戻れる?」

 

という書き込みや相談を見かけることがあります。
(※プレマリンはこちらの記事参考)

 

率直な感想としては
「辞める前提でホルモン始める心理が意味不明」と感じるのですが、色々な事情でホルモンを辞めなきゃいけないのかも。

 

親に反対されたり、奥さんに反対されたり、なんか怖くなって辞めちゃったり…

 

 

女性ホルモンを開始すると、男性機能は失われるし、子供を作ったりすることは、ほぼ不可能になります。

 

辞めたからといって体や生殖機能は元に戻らないし、胸がB〜Cカップになったとしたら、ホルモンやめてもそのままです
(ちょっとは縮むらしいが)

 

「辞めようかな…」って思う人はこの事実を知らないのかな〜?

 

もし、そうだったら本人の認識不足だし、ホルモン投与は自己責任ですから、自業自得なのかもしれないですね。

 

「女になろうとホルモン始めて、やっぱ男に戻るとかありえない」などと、ネットで叩かれても仕方ないなーとも思う

 

 

いや、でも実際困ってんだよ

叩いても仕方ない。

 

実際に女性ホルモンを辞めようと真剣に悩んでる人がいて困ってたとしたら、どうアドバイスするべきか?

 

辞める理由は大きく分けて2種類あるだろうから、一つづつ対策を考えてみる

 

 

対策1:女になる気なかった場合

男性が好き(恋愛対象が男性)で、女にならなきゃいけないのかと思って女装や女性ホルモンを開始した人。

 

周囲の人間も「男が好きなら女にならなきゃ」などと進めて、「そうなのかなぁ?」と疑問を感じつつも女性ホルモン開始

 

数年後、「やっぱり違う」と気付き男に戻ろうと女性ホルモンを辞める人

 

この場合、性自認が「男性」だったけど、周囲の影響や、性対象(性指向)が男性だったため女性になろうと頑張ったのかもしれません

 

この場合、男性の同性愛者(ゲイ)の可能性が高いですね。

 

パートナーとの血の繋がった子供は日本の法律や現状では難しいかもしれません

 

また、子供のことは諦めて、養子でも良いかなと、考えている当事者もいるので女性ホルモンの影響で生殖機能がなくなってもギリギリなんとかなるかもしれません。

 

あとは、変化してしまった体との向き合い方ですね。

 

大きくなった胸はFTMさんが胸の手術するみたいに外科的な手術でなんとかなります。

 

顔は若干中性的になってるでしょうけど、中性的な顔立ちは男女ともにモテるらしいのでこれは・・・・ちょっと若返ったと思うのもアリかも

 

筋肉量が落ちたり、体力が低下してたとしたら、筋トレしたり、運動して改善はできるでしょう

 

もし、万が一、睾丸摘出手術などをして、男性並の体力に戻ることができなくなったら?

 

男性ホルモン注射をするという方法もありますね。

 

病院によるんですが、戸籍が男性なら保険適用で注射してもらえるかも。

 

男らしくなりすぎるの嫌だ!って思うなら少なめに注射するんでしょうね。

 

詳しくはわかりません。 私の勝手な妄想です(汗)

 

 

対策2:様々な理由で辞めるMTF

このタイプの相談は少ないですが、あります。

 

なかでも、
「体の変化がなんか怖くて辞めちゃった!」という相談やメールが多数派ですね。

 

しかし、数年後や数カ月後に再開することが多いので、特に問題じゃないのかなと、私は思ってます。

 

一人でやってると不安なこともあるし、怖くなることもありますからね。

 

そういう時は、同じく女性ホルモンやっているMTFの人のブログ見たり、直接相談してみたら安心できる返事があるかもしれないですね

 

 

家庭の事情で辞めることに

一番複雑な例です。

 

例えば、奥さんとお子さんがいるMTFさんで、数年前から妻に隠れて女性ホルモン開始。
 ↓
胸が大きくなったり、顔が変わって妻にバレる
 ↓
タンスから女性ものの下着や服が見つかり
 ↓
問い詰められてカミングアウト

 

・子供がいじめられたらどうするの
・母親が二人の家庭なんて無理
・子供のために、成人するまで男に戻る

 

とか

 

・やはり妻子が大事なので、男として生きていきます

 

という感じです。

 

「妻子のため男として生きる」という決断はなかなかできるものではないし、奥さん、お子さんのこと周囲の人間のことを考え、本人が決断したのならそれは尊重されるべきことだと思うし、「MTFは先天的なことだし、女として生きたほうがいいですよ!」と、反論する気もないです。

 

むしろ素晴らしい決断かなと。
(私がこの判断を推進してるワケじゃないよ)

 

 

個人的には、お母さんが2人いる家庭があってもいいし、父親がトランスジェンダーだからと差別されるのか?

 

差別するとしたら、差別する側が悪いのであり、トランスする人が悪いわけがない

 

などと意見もあります。

 

 

それと同時に、・結婚前に奥さんに話さなかった責任を、この人は果たそうとしているのかなとも感じます。

 

奥さんだって、結婚前に「ボク、本当は女性になりたい」と言ってくれれば結婚を考えなおしたでしょうし、結婚するとしてもそれを同意の上でしたでしょう。

 

結婚数年後に突然「実は昔から女になりたくて」と、言われてもパニックになったり「裏切られた」と思われても仕方ないと思います。

 

それをわかってるからこそ、「夫として、父としての責任を果たす」と男で生きる決意を固めたのだとしたら、それは尊重されるべき決心ですよね

 

 

心の葛藤が続くかもしれませんが、夫として、乳として頑張っていただきたいと思います

 

【ダメだったら?】
とはいえ、中には男を演じて生きてみたけど「やっぱ無理だ!」という人もいるでしょう。

 

その場合、離婚覚悟で行動し女性として生活するのもアリだと思います。

 

もちろん、奥さんへの慰謝料や、子供に会えなくなったり、色々な問題が起きるでしょう。

 

それは、男として生きてきた責任であり、女として生きる責任でもあると思います。
その覚悟がないなら、男を演じて生きたほうが幸せなのかもしれないですね

 

家族が「違う」と言ったので男に戻ります

一番もったいないケース。

 

「女性が好きだけど、女性になりたい」
とか
「女性になりたいけど、手術までは考えてない」

 

という場合、「それって性同一性障害じゃないよ」などと周囲の人間に言われて、それを信じてやっぱ違うのかなぁと、男の生活に戻る人も。

 

稀に性同一性障害(性別違和)でも同性愛やバイセクシャルの人は当然いるんですが、そのことを知らず

 

「女好きだから、女性になりたいけど、GIDじゃないかも」と、不安になってやはり男で生きようとしたり、なかなか前に進まず立ち往生する人も多いです。

 

この場合、セクシャリティに対する知識、性自認、性指向についての知識が少なく悩むことが多いので、知識を学んで行けば問題や悩みが解決することが多いです。

 

「性自認?性指向?は?なにそれ?」と、思ったらこちらの記事を読んでみてください

 

→性自認(せい じにん)とは

 

→性指向(せい しこう)とは

 

 

まとめ

ホルモン情報書いてるサイト作っててなんですが、女性ホルモンは生殖機能を無くし、子孫作ることができなくなります。

 

体も変化し、一度変化した体は戻りません。
男に戻ろうとしても難しいですし、力ずくで戻しても、後遺症が残るでしょう。

 

人生変わります。人間変わります。

 

だから、ホルモンを安易な気持ちでやるのは辞め、悩むくらいなら手を出さないくらいの気持ちでいてほしいです

 

そして、手を出すのなら人生を変える覚悟で挑むべきです

 

 

これが多くのMTFさんに伝わってないとしたら、それは私の力が足りなかったってことだし、口酸っぱく、耳にタコができるくらい言わなきゃダメだったんでしょう

 

うむぅ…反省。

 

 

 


「スーシー(Sucee)」

 

「マレフェMTF(プロベラジェネリック)」に戻る

 

メニュー

        女体化ブログ MTFのAGA対策 まつげバサバサ

----
性同一性障害(GID)のMTF向けの女性ホルモンの紹介サイト
性同一性障害(GID)のMTF向けの女性ホルモンを紹介している【GID-MTFのための女体化ホルモン情報】です。

また、豊胸・性転換手術等の解説もしております。性同一性障害にお悩みの方は是非ご覧下さい。

当サイトの商品に関する相談窓口もございます。

免責事項
スザンヌみさき制作の「GID-MTFのための女性ホルモン情報」は、掲載の情報についてできるだけ新しくて正確な内容を心がけておりますが、利用者が当サイトの情報を用いて行うことにより、何らかの不利益を被ることがあったとしても、一切の責任を負うものではありません。


関連ページ

エストロモン 女性ホルモン
副作用も比較的少ないので、これから女性化を始めるMTFの方は誰もが通る道と言ってもいいくらいのメジャーなお薬。また、エストロモンと同じ成分のお薬として「プレマリン」があります。
プレマリン (卵胞ホルモン)
プレマリンは一番有名な女性ホルモン薬です。 有効成分はE1に分類される「結合方エストロゲン」 1錠につき0.625mg入っています。
プレモン(プレマリンジェネリック)
女性が女性らしくあるためのホルモン。 女性ホルモンには大きく分けて「卵胞ホルモン」と「黄体ホルモン」の2種類あり、そのうち「女性らしい体つき」を左右しているのが卵胞ホルモンだと言われている。
エチニルエストラジオール
リノラルは女性ホルモン薬の中でも一番強力な E2と呼ばれる種類のホルモンです。 E2と呼ばれるものには 1)エストラジオール 2)エチニル・エストラジオール
プロベラ (黄体ホルモン)
プロベラは「黄体ホルモン(おうたいほるもん)」 と呼ばれる女性ホルモンです※エストロモンやリノラルは「卵胞ホルモン」です黄体ホルモンは主に女性が妊娠した時に分泌されるホルモンで
プロベラ比較
女性が女性らしくあるためのホルモン。 女性ホルモンには大きく分けて「卵胞ホルモン」と「黄体ホルモン」の2種類あり、そのうち「女性らしい体つき」を左右しているのが卵胞ホルモンだと言われている。
ダイアン-35(エチニル+酢酸シプロテロン)
ダイアンは低用量のピルです。 つまり女性用の避妊薬ですね。 でも、ダイアンは他のピルとは、ちょっと変わってて 避妊目的以外にも、炎症または結節の形成を伴う目立つニキビ 男性ホルモン性脱毛症、緩やかな多毛症などの、 女性における男性ホルモンによる疾病の治療に使用されています。
ダイアン比較
こちらでは、卵胞ホルモン、黄体ホルモンの飲み薬、女性ホルモン注射について解説しています。 女性ホルモンは、卵胞ホルモンの「エストラジオール」「エストロン」「エストリオール」があり、 これは主に女性らしい身体を作っていくために作用しているホルモンだと言われてます。 そのほか黄体(おうたい)ホルモンといって、 主に妊娠している女性が多く分泌するホルモンもあります。
プロギノバ (エストラジオール)
プロギノバ(Progynova)ってのは、卵胞ホルモンである「エストラジオール」が入った女性ホルモン薬っす。エストラジオールってのは、エストロン ・エストリオール・エストラジオール という女性ホルモン(卵胞ホルモン)の中で、 1番強力な作用をする女性ホルモンのことっす。
エストロフェム (エストラジオール)
エストロフェムは強力な女性ホルモン薬である 「エストラジオール」が含まれている女性ホルモン薬です。 とはいえ、エストラジオールをエチニル化した 「エチニルエストラジオール」には負けるんですけどね。
おっぱいクリーム-オエストロ
オエストロジェルの有効成分は「17ベータエストラジオール」 エストラジオールってのは女性ホルモンの中で 一番強力なホルモンですね。 でも、通常飲み薬などで摂取すると、 エストラジオールってのは肝臓を通る度
オエストロジェルの使い方と注意点
Googleで「オエストロジェル」って検索すると、でどーやら私のサイトがトップに来てるみたいなので正直驚きましたwそんなアナタのリクエストに応えて、今日はオエストロジェル(OESTROGEL)の使用法と注意点なんぞ書きますぜ
オエストロジェル説明文解読(英語。フランス語)
オエストロジェルの内容量についてご質問頂きましたので、 確認のため、オエストロジェルに書いてある文字を日本語に翻訳してみました
内容量60mgって嘘っぱちか!
女性が女性らしくあるためのホルモン。 女性ホルモンには大きく分けて「卵胞ホルモン」と「黄体ホルモン」の2種類あり、そのうち「女性らしい体つき」を左右しているのが卵胞ホルモンだと言われている。
セラゼッタ(黄体)
セラゼッタは経口避妊薬といって、女性がSEXの際に、妊娠しないよう予防するための薬です。(ピルのことです)ピルは、妊娠していない女性に黄体ホルモンを投与することで、身体が「既に妊娠している」と錯覚させて、卵巣から卵子が放出されないようにする薬です。
メプレート(Meprate)
女性が女性らしくあるためのホルモン。 女性ホルモンには大きく分けて「卵胞ホルモン」と「黄体ホルモン」の2種類あり、そのうち「女性らしい体つき」を左右しているのが卵胞ホルモンだと言われている。
マレフェMTF(プロベラジェネリック)
こちらでは、卵胞ホルモン、黄体ホルモンの飲み薬、女性ホルモン注射について解説しています。 女性ホルモンは、卵胞ホルモンの「エストラジオール」「エストロン」「エストリオール」があり、 これは主に女性らしい身体を作っていくために作用しているホルモンだと言われてます。 そのほか黄体(おうたい)ホルモンといって、 主に妊娠している女性が多く分泌するホルモンもあります。
スーシー(Sucee)
こちらでは、卵胞ホルモン、黄体ホルモンの飲み薬、女性ホルモン注射について解説しています。 女性ホルモンは、卵胞ホルモンの「エストラジオール」「エストロン」「エストリオール」があり、 これは主に女性らしい身体を作っていくために作用しているホルモンだと言われてます。 そのほか黄体(おうたい)ホルモンといって、 主に妊娠している女性が多く分泌するホルモンもあります。

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 女ホルモン 抗男ホルモン 睾丸摘出 バストアップ 脱毛 初心者 悩み