GID-MTFのための女体化ホルモン情報

ホルモンの種類について

ホルモンの種類について

女性らしい体を作る手段として、女性ホルモンの注射があります。

 

しかし、病院で女性ホルモンを注射してもらう前に、
他のホルモンの働きについて知っておくことも大切です。

 

 

女性ホルモン

脳にある視床下部と脳下垂体の二つが
ホルモンを分泌する働きを担っています。

 

視床下部にある自律神経は
人の生命活動に必要な情報が集まる場所であり、
その情報をもとにホルモンを分泌します。

 

こちらでは女性の生理周期に関わる
性腺刺激ホルモン放出ホルモンが分泌されます。

 

脳下垂体は視床下部から指令を受けて、
卵巣にホルモンを分泌するように指示する役割があります。

 

 

甲状腺ホルモン

甲状腺は甲状腺ホルモンの分泌が主な仕事です。

 

甲状腺ホルモンは、体の新陳代謝を促す役目があり、
卵胞の成長にも大きく影響します。

 

腎臓の上にある副甲状腺から分泌されるホルモンの役割は、
カルシウム代謝の調整です。

 

女性ホルモンはカルシウムを吸収する働きがあることから、
副甲状腺ホルモンと女性ホルモンは密接な関係にあります。

 

女性ホルモンが減少するとカルシウム代謝の
バランスを取るために、副甲状腺ホルモンが分泌され、
骨のカルシウムが吸収されて骨粗鬆症のリスクが高くなります。

 

他にも膵臓や腎臓、副腎、肝臓など体にある
様々な器官が生命維持に必要なホルモンを分泌しています。

 

 

生殖器

女性らしさ、男性らしさに影響するホルモンを
分泌しているのが生殖器です。

 

卵巣は卵胞ホルモンと黄体ホルモンを分泌しています。

 

卵胞ホルモンは女性らしい体形や乳房の成長、
女性器の発達を促すホルモンを、
黄体ホルモンは妊娠に関わるホルモンを分泌しています。

 

睾丸は男性らしくなる為のホルモン、
アンドロゲンを分泌します。

 

男性性器の機能の維持、男らしい筋肉や
骨格の成長などもアンドロゲンによるものです。

 

 

MTFの方が女性ホルモンを注射する際は、
他の器官が分泌するホルモンと
女性ホルモンの関係も考慮することが大切になってきます。

 

このサイトは、自分らしく生きたいMTRの方の為の情報提供サイトです。
ホルモンの種類やお悩み相談所など
様々な情報を提供していますので、ぜひご活用ください。

メニュー

        女体化ブログ MTFのAGA対策 まつげバサバサ

----
性同一性障害(GID)のMTF向けの女性ホルモンの紹介サイト
性同一性障害(GID)のMTF向けの女性ホルモンを紹介している【GID-MTFのための女体化ホルモン情報】です。

また、豊胸・性転換手術等の解説もしております。性同一性障害にお悩みの方は是非ご覧下さい。

当サイトの商品に関する相談窓口もございます。

免責事項
スザンヌみさき制作の「GID-MTFのための女性ホルモン情報」は、掲載の情報についてできるだけ新しくて正確な内容を心がけておりますが、利用者が当サイトの情報を用いて行うことにより、何らかの不利益を被ることがあったとしても、一切の責任を負うものではありません。



ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 女ホルモン 抗男ホルモン 睾丸摘出 バストアップ 脱毛 初心者 悩み