ダイアン-35 女性ホルモンについて卵胞ホルモン&抗男性ホルモン

ダイアン-35(エチニル+酢酸シプロテロン)

ダイアン-35 (エチニルエストラジオール + 酢酸シプロテロン)


ダイアン(Diane-35)

 

ダイアンは低用量のピルです。 つまり女性用の避妊薬ですね。

 

でも、ダイアンは他のピルとは、ちょっと変わってて避妊目的以外にも、炎症または結節の形成を伴う目立つニキビ男性ホルモン性脱毛症、緩やかな多毛症などの、女性における男性ホルモンによる疾病の治療に使用されています。

 

とはいえ、ほぼ女性向けのものなのでMTFや女性以外は使わない方が良いと思います。
抗男性ホルモン作用のある「酢酸シプロテロン」が含まれているので男性が使用しつ続ければ、早いうちに生殖機能がなくなってしまうことでしょう。
(※これはMTFにとっても同じなので、生殖機能をなくしたくないMTFは服用してはいけません)

 

 

ダイアンの有効成分

酢酸シプロテロン 2.0mg
エチニルエストラジオール(卵胞ホルモン) 0.035mg

 

酢酸シプロテロン(さくさん-しぷろてろん)」は抗男性ホルモンとして強力な力を発揮する成分であり、 「エチニルエストラジオール」は強力な女性ホルモン薬です。

 

ダイアンがMTFに人気なのは、この強力な抗男性ホルモンと強力な女性ホルモンを同時に摂取することができるからですね。

 

アンドロキュアなどの抗男性ホルモンと、エチニルエストラジオール薬を買うのはお金もかかるし、飲み忘れもあって面倒というMTFさんがダイアンなど、抗男性ホルモンと、女性ホルモンの両方が含まれている薬を使っているようです。 

 

…たしかに手軽かもしれない

 

 

 

服用に関するネット上で拾ったデータや情報など

ダイアンに含まれるエチニルエストラジオールの量は、1錠あたり0.035mgと、少量です。

 

私がネットで見つけた情報によると、エチニルエストラジオールは、1日1.0mgが上限という聞いたことがあります。
が、これが本当かはわかりませんし、個人差があるので、やはりこれも自己責任でって感じですね。

 

もし、エチニルエストラジオールの1日上限が本当に1.0mgだとしたら、ダイアンの場合1日の上限は28錠ということになりますが、こんなに大量に薬を飲むのは流石におかしいと思うので絶対に辞めましょう。

 

世の中にはダイアン以外にもエチニルエストラジオールが含まれている薬はあるし、ダイアンよりも含有量が多いものもあるので、大量に薬を飲んで女性らしくなったと勘違いするのは辞めましょう。

 

 

 

 

注意点

「飲みはじめてからホルモン環境が変わったために起こる副作用として、次のような症状が見られることがあります。」とネットで発見しました

 

不正出血(生理以外の出血)、乳房の張り・痛み、吐き気などの胃腸障害。
※MTFの場合不正出血はないですが

 

【免責事項】ここに書かれている情報はスザンヌみさきの体験談や、ネットで調べた情報をもとに主観的に書かれているものです。
情報の正確性を心がけていますが、人間の体質はひとりひとり違いますし、個人差が大きく、同じホルモン量であっても体に出る反応は全く違ったりします。
ここでの情報は一つの目安だととらえていただき、絶対に鵜呑みにしないようお願い致します。
また、ホルモンの摂取は自己責任であり、どんな結果がでようとも、一切の責任を負うものではありません

 

 

 

 


「ダイアン&ダイアンジェネリック比較」にGO!
「プロベラ&プロベラジェネリック比較に」戻る

メニュー

        女体化ブログ MTFのAGA対策 まつげバサバサ

----
性同一性障害(GID)のMTF向けの女性ホルモンの紹介サイト
性同一性障害(GID)のMTF向けの女性ホルモンを紹介している【GID-MTFのための女体化ホルモン情報】です。

また、豊胸・性転換手術等の解説もしております。性同一性障害にお悩みの方は是非ご覧下さい。

当サイトの商品に関する相談窓口もございます。

免責事項
スザンヌみさき制作の「GID-MTFのための女性ホルモン情報」は、掲載の情報についてできるだけ新しくて正確な内容を心がけておりますが、利用者が当サイトの情報を用いて行うことにより、何らかの不利益を被ることがあったとしても、一切の責任を負うものではありません。


関連ページ

エストロモン 女性ホルモン
副作用も比較的少ないので、これから女性化を始めるMTFの方は誰もが通る道と言ってもいいくらいのメジャーなお薬。また、エストロモンと同じ成分のお薬として「プレマリン」があります。
プレマリン (卵胞ホルモン)
プレマリンは一番有名な女性ホルモン薬です。 有効成分はE1に分類される「結合方エストロゲン」 1錠につき0.625mg入っています。
プレモン(プレマリンジェネリック)
女性が女性らしくあるためのホルモン。 女性ホルモンには大きく分けて「卵胞ホルモン」と「黄体ホルモン」の2種類あり、そのうち「女性らしい体つき」を左右しているのが卵胞ホルモンだと言われている。
エチニルエストラジオール
リノラルは女性ホルモン薬の中でも一番強力な E2と呼ばれる種類のホルモンです。 E2と呼ばれるものには 1)エストラジオール 2)エチニル・エストラジオール
プロベラ (黄体ホルモン)
プロベラは「黄体ホルモン(おうたいほるもん)」 と呼ばれる女性ホルモンです※エストロモンやリノラルは「卵胞ホルモン」です黄体ホルモンは主に女性が妊娠した時に分泌されるホルモンで
プロベラ比較
女性が女性らしくあるためのホルモン。 女性ホルモンには大きく分けて「卵胞ホルモン」と「黄体ホルモン」の2種類あり、そのうち「女性らしい体つき」を左右しているのが卵胞ホルモンだと言われている。
ダイアン比較
こちらでは、卵胞ホルモン、黄体ホルモンの飲み薬、女性ホルモン注射について解説しています。 女性ホルモンは、卵胞ホルモンの「エストラジオール」「エストロン」「エストリオール」があり、 これは主に女性らしい身体を作っていくために作用しているホルモンだと言われてます。 そのほか黄体(おうたい)ホルモンといって、 主に妊娠している女性が多く分泌するホルモンもあります。
プロギノバ (エストラジオール)
プロギノバ(Progynova)ってのは、卵胞ホルモンである「エストラジオール」が入った女性ホルモン薬っす。エストラジオールってのは、エストロン ・エストリオール・エストラジオール という女性ホルモン(卵胞ホルモン)の中で、 1番強力な作用をする女性ホルモンのことっす。
エストロフェム (エストラジオール)
エストロフェムは強力な女性ホルモン薬である 「エストラジオール」が含まれている女性ホルモン薬です。 とはいえ、エストラジオールをエチニル化した 「エチニルエストラジオール」には負けるんですけどね。
おっぱいクリーム-オエストロ
オエストロジェルの有効成分は「17ベータエストラジオール」 エストラジオールってのは女性ホルモンの中で 一番強力なホルモンですね。 でも、通常飲み薬などで摂取すると、 エストラジオールってのは肝臓を通る度
オエストロジェルの使い方と注意点
Googleで「オエストロジェル」って検索すると、でどーやら私のサイトがトップに来てるみたいなので正直驚きましたwそんなアナタのリクエストに応えて、今日はオエストロジェル(OESTROGEL)の使用法と注意点なんぞ書きますぜ
オエストロジェル説明文解読(英語。フランス語)
オエストロジェルの内容量についてご質問頂きましたので、 確認のため、オエストロジェルに書いてある文字を日本語に翻訳してみました
内容量60mgって嘘っぱちか!
女性が女性らしくあるためのホルモン。 女性ホルモンには大きく分けて「卵胞ホルモン」と「黄体ホルモン」の2種類あり、そのうち「女性らしい体つき」を左右しているのが卵胞ホルモンだと言われている。
セラゼッタ(黄体)
セラゼッタは経口避妊薬といって、女性がSEXの際に、妊娠しないよう予防するための薬です。(ピルのことです)ピルは、妊娠していない女性に黄体ホルモンを投与することで、身体が「既に妊娠している」と錯覚させて、卵巣から卵子が放出されないようにする薬です。
メプレート(Meprate)
女性が女性らしくあるためのホルモン。 女性ホルモンには大きく分けて「卵胞ホルモン」と「黄体ホルモン」の2種類あり、そのうち「女性らしい体つき」を左右しているのが卵胞ホルモンだと言われている。
マレフェMTF(プロベラジェネリック)
こちらでは、卵胞ホルモン、黄体ホルモンの飲み薬、女性ホルモン注射について解説しています。 女性ホルモンは、卵胞ホルモンの「エストラジオール」「エストロン」「エストリオール」があり、 これは主に女性らしい身体を作っていくために作用しているホルモンだと言われてます。 そのほか黄体(おうたい)ホルモンといって、 主に妊娠している女性が多く分泌するホルモンもあります。
プレマリン数年服用したけど辞めようかな
ネットを徘徊していると、ごく稀に 「プレマリン○○年やりましたが辞めても大丈夫?」 とか 「女性ホルモン辞めたら男に戻れる?」 という書き込みや相談を見かけることがあります。 (※プレマリンはこちらの記事参考) 率直な感想としては 「辞める前提でホルモン始める心理が意味不明」 と感じるのですが、色々な事情で ホルモンを辞めなきゃいけないのかも。
スーシー(Sucee)
こちらでは、卵胞ホルモン、黄体ホルモンの飲み薬、女性ホルモン注射について解説しています。 女性ホルモンは、卵胞ホルモンの「エストラジオール」「エストロン」「エストリオール」があり、 これは主に女性らしい身体を作っていくために作用しているホルモンだと言われてます。 そのほか黄体(おうたい)ホルモンといって、 主に妊娠している女性が多く分泌するホルモンもあります。

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 女ホルモン 抗男ホルモン 睾丸摘出 バストアップ 脱毛 初心者 悩み