プレモン(プレマリンジェネリック) 女性ホルモンについて

プレモン(プレマリンジェネリック)

プレモン(プレマリンジェネリック)

 

最近新しく登場したプレマリンのジェネリック医薬品が
この「プレモン」ってやつです。

 

エストロモンや、アイルランド版のプレマリンなどの
ジェネリック医薬品は、成分の結合型エストロゲンが0.625mgものばっかりでした。

 

0.625mgは少ないです。

 

プレマリンは0.625mgと1.25mgがあるのに、ジェネリックは0.625mgしかない…

 

 め ん ど く さ い

 

などと昔は思っていたものですが、とうとう登場しました1.25mgのジェネリック。

 


プレモン 1.25mg

 

 

販売元のオオサカ堂によると新商品(2015/1/28現在)らしいです。

 

私もMTFの知人から紹介されるまで知りませんでした(汗)

 

 

 

コスパはどうなのよ!?

 

プレモンは1箱56錠入りなので、1錠あたり35.7円のようです。
(2015/1/28現在 1箱2,000円)

 

プレモン画像

 

 

同じくプレマリンのジェネリックである「エストロモン」は、1箱2,491円で100錠入りなので、1錠あたり24.9円と、エストロモンの方が安そうに見えます。
2015/1/28 現在)

 

が、そこに落とし穴

 

エストロモンは1錠あたりの結合型エストロゲン含有量が0.625mgです。

 

1.25mgあたりの金額で比較すると

 

プレモン1.25mg → 35.7円
エストロモン1.25mg → 49.8円

 

となり、プレモンの方がコスパが良いことが分かりました。

 

価格が安く抑えられるってことは、「必要経費」が抑えられるわけで、毎月ホルモン代に4500円かかっていたとしたら、だいたい3300円くらいに支出が抑えられるワケです。
※支出ってのはあなたの財布から出ていてしまう諭吉さんのことよ!

 

仮に、毎月の支出が1200円抑えられたとしたら、1年で1万4400円。 この余ったお金をエステ代、脱毛代、手術代、整形代、SRS代に回せば、あなたはやりくり上手のかしこい主婦に!

 

そう考えれば、SRSや手術を控えているMTFにとって、プレモンは魅力的かもしれませんね。

 

 

 

まとめ買い可能

エストロモンもまとめ買いで安くなりますが、プレモンも安くなります。

 

2015年1月28日現在のデータだと。

 

プレモン1.25mg【1箱56錠】

1箱買い2000円 → 1錠あたり35.7円
2箱買い3156円 → 1錠あたり28.2円
4箱買い5090円 → 1錠あたり22.7円
6箱買い7330円 → 1錠あたり21.8円

となります。

 

比較としてエストロモンの例では、

エストロモン0.625mg【1箱100錠】

1箱買い2491円 → 1錠あたり24.9円 (1.25mgでは49.8円)
2箱買い4407円 → 1錠あたり22.0円 (1.25mgでは44.1円)
4箱買い7881円 → 1錠あたり19.7円 (1.25mgでは39.4円)
6箱買い11355円 → 1錠あたり18.9円 (1.25mgでは37.9円)

 

1錠あたりで計算すると、エストロモンが安いのですが、有効成分の「結合型エストロゲン」の含有量1.25mgあたりで計算すると、プレモン1.25mgを1箱買いするほうが、エストロモンを6箱買いするよりも安いという結果になりました。

 

 

というわけで、プレモンの方がコスパが良いってことがわかりました。

 

もちろん、ホルモンによっては、プレモンよりエストロモンのほうがなんか相性が良い!って人もいるでしょう。

 

それは個人差あるので、どれが良いとは一概にいえません。

 

 

 

0.625mgもあります

ここまで1.25mgの話ばっかりしてきたので、プレモンは1.25mgしかないと思った人もいるでしょう。

 

・・・・実はプレモンも0.625mgもあります。

 


プレモン 0.625mg

 

プレモンの0.625mgは、青いパッケージです!

 

これ間違えちゃダメです。 私は間違えました…

 

購入後に気づいちゃった系のドジです。

 

 

ただ、プレモンは0.625mgでも、1.25mgでも、結合型エストロゲン1.25mgあたりの価格はほぼ同じのようです(2015年1月28日現在の相場)

 

プレモン0.625mg【1箱56錠】

2箱1796円 → 1錠あたり16.0円(1.25mgでは32.1円)
4箱3174円 → 1錠あたり14.2円(1.25mgでは28.3円)
6箱4371円 → 1錠あたり13.0円(1.25mgでは26.0円)

 

 

少ない量をお試しに…って場合は、
プレモン0.625mg(青色のパッケージ)を2箱買いするのが一番安くて、コスパも結構良いみたいです。

 

参考までにどうぞ!!

 

 

 

副作用について

販売ページにも書いてありますので、必ずお読み下さい。

 

概要としては、

  • 乳房の痛みがある
  • 血栓症になりやすくなる
  • ホルモン服用時にビタミンCを大量に摂取すると副作用が起きやすくなる

みかん食べ過ぎたり、ビタミンCのサプリメントと一緒に服用するな!ってことですね。

 

あと、プレモンだけに限らず、すべての女性ホルモンに共通することですが、タバコを吸う人(喫煙者)は、非喫煙者と比べて、かなり血栓症のリスクが高くなります。

 

健康的に長生きするためにも、病気で苦しい思いをしたり、医療費や治療で時間とお金を奪われないためにも、ホルモンをきっかけに禁煙を始めるのがよいです。

 

禁煙外来もある時代ですので、活用すればいいでしょう。

 

 

 

 

その他、おまけ

同じ「プレモン」という名前で、体臭を抑える石鹸がありました(笑)

 

 ↓  ↓  ↓

 


体臭に役立つ プレモン石鹸
※クリックすると販売ページへ飛びます

 

これ、女性ホルモンとかでもなんでもなく、体臭を抑える石鹸なんだそうです。

 

たまたま名前が一緒だったみたいですね(笑)

 

 

 


「リノラル(エチニルエストラジオール)」へGO!
「プレマリン(卵胞ホルモン)」に戻る

メニュー

        女体化ブログ MTFのAGA対策 まつげバサバサ

----
性同一性障害(GID)のMTF向けの女性ホルモンの紹介サイト
性同一性障害(GID)のMTF向けの女性ホルモンを紹介している【GID-MTFのための女体化ホルモン情報】です。

また、豊胸・性転換手術等の解説もしております。性同一性障害にお悩みの方は是非ご覧下さい。

当サイトの商品に関する相談窓口もございます。

免責事項
スザンヌみさき制作の「GID-MTFのための女性ホルモン情報」は、掲載の情報についてできるだけ新しくて正確な内容を心がけておりますが、利用者が当サイトの情報を用いて行うことにより、何らかの不利益を被ることがあったとしても、一切の責任を負うものではありません。


関連ページ

エストロモン 女性ホルモン
副作用も比較的少ないので、これから女性化を始めるMTFの方は誰もが通る道と言ってもいいくらいのメジャーなお薬。また、エストロモンと同じ成分のお薬として「プレマリン」があります。
プレマリン (卵胞ホルモン)
プレマリンは一番有名な女性ホルモン薬です。 有効成分はE1に分類される「結合方エストロゲン」 1錠につき0.625mg入っています。
エチニルエストラジオール
リノラルは女性ホルモン薬の中でも一番強力な E2と呼ばれる種類のホルモンです。 E2と呼ばれるものには 1)エストラジオール 2)エチニル・エストラジオール
プロベラ (黄体ホルモン)
プロベラは「黄体ホルモン(おうたいほるもん)」 と呼ばれる女性ホルモンです※エストロモンやリノラルは「卵胞ホルモン」です黄体ホルモンは主に女性が妊娠した時に分泌されるホルモンで
プロベラ比較
女性が女性らしくあるためのホルモン。 女性ホルモンには大きく分けて「卵胞ホルモン」と「黄体ホルモン」の2種類あり、そのうち「女性らしい体つき」を左右しているのが卵胞ホルモンだと言われている。
ダイアン-35(エチニル+酢酸シプロテロン)
ダイアンは低用量のピルです。 つまり女性用の避妊薬ですね。 でも、ダイアンは他のピルとは、ちょっと変わってて 避妊目的以外にも、炎症または結節の形成を伴う目立つニキビ 男性ホルモン性脱毛症、緩やかな多毛症などの、 女性における男性ホルモンによる疾病の治療に使用されています。
ダイアン比較
こちらでは、卵胞ホルモン、黄体ホルモンの飲み薬、女性ホルモン注射について解説しています。 女性ホルモンは、卵胞ホルモンの「エストラジオール」「エストロン」「エストリオール」があり、 これは主に女性らしい身体を作っていくために作用しているホルモンだと言われてます。 そのほか黄体(おうたい)ホルモンといって、 主に妊娠している女性が多く分泌するホルモンもあります。
プロギノバ (エストラジオール)
プロギノバ(Progynova)ってのは、卵胞ホルモンである「エストラジオール」が入った女性ホルモン薬っす。エストラジオールってのは、エストロン ・エストリオール・エストラジオール という女性ホルモン(卵胞ホルモン)の中で、 1番強力な作用をする女性ホルモンのことっす。
エストロフェム (エストラジオール)
エストロフェムは強力な女性ホルモン薬である 「エストラジオール」が含まれている女性ホルモン薬です。 とはいえ、エストラジオールをエチニル化した 「エチニルエストラジオール」には負けるんですけどね。
おっぱいクリーム-オエストロ
オエストロジェルの有効成分は「17ベータエストラジオール」 エストラジオールってのは女性ホルモンの中で 一番強力なホルモンですね。 でも、通常飲み薬などで摂取すると、 エストラジオールってのは肝臓を通る度
オエストロジェルの使い方と注意点
Googleで「オエストロジェル」って検索すると、でどーやら私のサイトがトップに来てるみたいなので正直驚きましたwそんなアナタのリクエストに応えて、今日はオエストロジェル(OESTROGEL)の使用法と注意点なんぞ書きますぜ
オエストロジェル説明文解読(英語。フランス語)
オエストロジェルの内容量についてご質問頂きましたので、 確認のため、オエストロジェルに書いてある文字を日本語に翻訳してみました
内容量60mgって嘘っぱちか!
女性が女性らしくあるためのホルモン。 女性ホルモンには大きく分けて「卵胞ホルモン」と「黄体ホルモン」の2種類あり、そのうち「女性らしい体つき」を左右しているのが卵胞ホルモンだと言われている。
セラゼッタ(黄体)
セラゼッタは経口避妊薬といって、女性がSEXの際に、妊娠しないよう予防するための薬です。(ピルのことです)ピルは、妊娠していない女性に黄体ホルモンを投与することで、身体が「既に妊娠している」と錯覚させて、卵巣から卵子が放出されないようにする薬です。
メプレート(Meprate)
女性が女性らしくあるためのホルモン。 女性ホルモンには大きく分けて「卵胞ホルモン」と「黄体ホルモン」の2種類あり、そのうち「女性らしい体つき」を左右しているのが卵胞ホルモンだと言われている。
マレフェMTF(プロベラジェネリック)
こちらでは、卵胞ホルモン、黄体ホルモンの飲み薬、女性ホルモン注射について解説しています。 女性ホルモンは、卵胞ホルモンの「エストラジオール」「エストロン」「エストリオール」があり、 これは主に女性らしい身体を作っていくために作用しているホルモンだと言われてます。 そのほか黄体(おうたい)ホルモンといって、 主に妊娠している女性が多く分泌するホルモンもあります。
プレマリン数年服用したけど辞めようかな
ネットを徘徊していると、ごく稀に 「プレマリン○○年やりましたが辞めても大丈夫?」 とか 「女性ホルモン辞めたら男に戻れる?」 という書き込みや相談を見かけることがあります。 (※プレマリンはこちらの記事参考) 率直な感想としては 「辞める前提でホルモン始める心理が意味不明」 と感じるのですが、色々な事情で ホルモンを辞めなきゃいけないのかも。
スーシー(Sucee)
こちらでは、卵胞ホルモン、黄体ホルモンの飲み薬、女性ホルモン注射について解説しています。 女性ホルモンは、卵胞ホルモンの「エストラジオール」「エストロン」「エストリオール」があり、 これは主に女性らしい身体を作っていくために作用しているホルモンだと言われてます。 そのほか黄体(おうたい)ホルモンといって、 主に妊娠している女性が多く分泌するホルモンもあります。

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 女ホルモン 抗男ホルモン 睾丸摘出 バストアップ 脱毛 初心者 悩み