アンドロクール(アンドロキュア) 抗男性ホルモン薬

アンドロクール

アンドロクール(アンドロキュア) 【抗男性ホルモン】


アンドロクール(Androcur)50mg

 

超強力なアンチアンドロゲン(男性ホルモンを押さえまくる)薬です。

 

私は19歳の時に1回だけ使ったことありますけど、超強力な反面、副作用もハンパないと聴いてビビリ、それ以来一度も使ったことがありません。 

 

あと、値段がけっこう高いです。 なかなか手が出ません(苦笑)

 

 

 

使ってる人

女性ホルモンを始めたばかりの人、去勢手術(睾丸摘出)してないMTFの人が主によく使ってます。

 

女性ホルモン注射や、飲み薬を始めた人は基本的に血液検査をして、血液中の男性ホルモン値を計るのですが、血液中の男性ホルモン値がなかなか下がらなかったり、高めをキープし続けているMTFさんは、自分の男性化を抑えるため、女性化、女体化を早く進めるためにアンチアンドロゲン(抗男性ホルモン)薬を使います。

 

アンドロクール(アンドロキュア)は、そんな抗男性ホルモン薬の中でも、一番強力な作用がある薬なのでトランス初期のMTFは好んで使っているようです

 

 

 

使用のめやす

私がネットを駆使して調べてみたところ、アンドロクールに含まれている「酢酸シプロテロン」という成分は、MTFの場合、一日に150mgが上限なんだとか。

 

アンドロクール1錠につき50mg含まれているんで、1日3錠が上限みたいなことが書いてありました

 

 

通常の使用量も
「1日50〜100mgを2〜3回に分けて服用」と書いてあるんで、一気にたくさん飲むようなことは辞めといたほうがよさそうですね。

 

 

※わたしが調べた主観的な情報を並べているだけなので鵜呑みにしてはいけません。
私は自分の責任で服用していましたが、私が書いている情報がかならずしも正しいとはわかりませんし、自己責任でやっていたので、どんな結果がでても自分で責任をとれる人以外は使用するべきではありません

 

 

副作用

私は副作用をビビって2錠くらいしか飲んだことないんので、副作用はあまり感じませんでした。

 

ネットで調べた所、「強力に男性ホルモンを抑える反面、副作用が強い」らしいので、長期の使用は避け、短い期間使ってみて、血液中の男性ホルモン値が下がったら、それ以降使わないほうが健康のためだと思います。

 

あと、既に睾丸摘出したり、性転換を済ませているMTFさんは、金玉がない分、男性ホルモンがほとんど分泌されないので、アンドロクールなどのアンチアンドロゲンは全く必要ないです。

 

無駄にお金と身体を消費させなくていいですからねーー

 

 

▼アンドロクールの詳細はこちら

アンドロクール(Androcur)50mg

 

 


「シテロン(アンドロキュアージェネリック)」にGO!

 

「アルダクトン」

メニュー

        女体化ブログ MTFのAGA対策 まつげバサバサ

----
性同一性障害(GID)のMTF向けの女性ホルモンの紹介サイト
性同一性障害(GID)のMTF向けの女性ホルモンを紹介している【GID-MTFのための女体化ホルモン情報】です。

また、豊胸・性転換手術等の解説もしております。性同一性障害にお悩みの方は是非ご覧下さい。

当サイトの商品に関する相談窓口もございます。

免責事項
スザンヌみさき制作の「GID-MTFのための女性ホルモン情報」は、掲載の情報についてできるだけ新しくて正確な内容を心がけておりますが、利用者が当サイトの情報を用いて行うことにより、何らかの不利益を被ることがあったとしても、一切の責任を負うものではありません。


関連ページ

ハイレス100(スピロノラクトン)
肝臓、腎臓に疾患がある人は要注意 消耗性疾患、重篤な鬱病、血栓症、血栓塞栓症または類似する既往病、鎌状赤血球貧血の場合は必ず医師の判断の元に使用すること。 高齢者についても同様。 子供には適しません。また妊娠中あるいは妊娠の可能性がある場合も適しません。
アルダクトン
肝臓、腎臓に疾患がある人は要注意 消耗性疾患、重篤な鬱病、血栓症、血栓塞栓症または類似する既往病、鎌状赤血球貧血の場合は必ず医師の判断の元に使用すること。 高齢者についても同様。 子供には適しません。また妊娠中あるいは妊娠の可能性がある場合も適しません。
シテロン(アンドロキュアージェネリック)
シテロンは超強力なアンチアンドロゲン(抗男性ホルモン)である、 「アンドロクール」のジェネリック医薬品です。 1錠あたりの値段が缶コーヒー1個分以上もする アンドロクールと違って、シテロンは1錠あたり約88円。
【コラム】スピロノラクトンで女性化
アメリカではハゲの治療薬として、男性ホルモンを抑える薬→スピロノラクトン(ハイレスなど)を使う場合があるそうです。 スピロノラクトンはもともと利尿剤(おしっこ出す薬)なのですが、
【コラム】シテロン値上げか?
このサイトでも紹介している、 アンドロクールのジェネリック医薬品の「シテロン」について 読者さんからこんな質問がありました。 みさきさんのブログでアンドロキュアを紹介されていてリンクから飛んだのですが、ジェネリックであるシテロン
アンドロキュアージェネリック
アンドロキュアージェネリックは強力な抗男性ホルモンとして有名な「アンドロキュアー」のジェネリック医薬品です。 名前そのまんまですね(笑) この記事を書いている時点(2016/1/9)では、アンドロキュアー(アンドロクール)が50錠入り1箱「5,813円」で、アンドロキュアージェネリックは50錠入り1箱「3,907円」です
【コラム】男性ホルモンを抑えるアンチアンドロゲンでどうなったか?
肝臓、腎臓に疾患がある人は要注意 消耗性疾患、重篤な鬱病、血栓症、血栓塞栓症または類似する既往病、鎌状赤血球貧血の場合は必ず医師の判断の元に使用すること。 高齢者についても同様。 子供には適しません。また妊娠中あるいは妊娠の可能性がある場合も適しません。

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 女ホルモン 抗男ホルモン 睾丸摘出 バストアップ 脱毛 初心者 悩み