プロギノンデポー注射 女性ホルモン注射

プロギノンデポー注射

プロギノンデポー注射について

これがプロギノンデポー注射に使っている薬剤

 

 

(↑箱)  (↓箱を開けて中身を取り出した状態)

 

 

病院からもらって来ましたwwww

 

箱に書いてある名前は私の本名の「早田直(わさだ なお)」
1週間に1回注射してるんで、こうやって書いてるんでしょうねぇ。

 

この薬を使う場合は、写真みたいな注射器に入れて、
おしり(こしのあたり)に注射するわけですよ。

 

病院や人によっては、肩に注射する場合もあります。
私は肩だと痛みが強いので、いっつも腰に注射してもらってますよ。

 

この薬は処方箋(しょほうせん)薬で、使う際は注射器が必要なので、
ほぼ80%のMTFが病院で注射してもらってるでしょ。

 

でも中には、自分で自分に注射する人もいるみたいよ。
(その場合、医療資格は必要ないみたいです)

 

私は怖いからやらないけど(苦笑)

 

 

 

ちなみに、「1アンプル」とは、この写真の小さいボトル1コ分のことを言ってて、
1アンプル・・・略して「1A」と呼んだりします。

 

例えば

 

「プロギノンデポー  1A/7day」 と書いてある意味は
「プロギノンデポー」の注射を1週間(7日間)に「1アンプル」注射してますよ〜
ってことです。

 

 

女性ホルモン注射はこのプロギノンデポーがかなりメジャーなので、
あなたも名前を聞いたことはあるでしょうし、現在注射してるかもしれないっすね。

 

 

 

プロギノンデポーの特徴

  • 副作用が飲み薬より小さい、少ない
  • 毎日薬を飲まなくていいから気楽、飲み忘れがない
  • 飲み薬よりも効果が強い

って利点があり、デメリットとしては

  • 注射が面倒、痛い
  • 病院に通うのが面倒
  • 気軽に使えない

ってのがあります。

 

注射は面倒かもしれないけど、飲み薬みたいに毎回毎回、
薬を飲む必要もないし、身体を女性化させる効果も強いので、
プロギノンデポーを愛用しているMTFは多いですね。

 

中には、おっぱいを大きくさせるため、より女性化を早くするため、
プロギノンデポー注射と並行して、リノラルやプロベラなどの飲み薬も使っている人もいます。

 

どっちにせよ、女性ホルモン注射は、女性化のベーシック(基礎)みたいなものだから、
身体の中から女性化させようと思ってるなら「使わないって選択はおかしいよなぁ」とも思います。

 

注射は病院でやってもらおう。
注射してくれる病院は次の記事の動画を参考にどうぞ^^

 

 

次の記事

「女性ホルモン注射してくれる病院の見つけ方」へGO!

 

メニュー

        女体化ブログ MTFのAGA対策 まつげバサバサ

----
性同一性障害(GID)のMTF向けの女性ホルモンの紹介サイト
性同一性障害(GID)のMTF向けの女性ホルモンを紹介している【GID-MTFのための女体化ホルモン情報】です。

また、豊胸・性転換手術等の解説もしております。性同一性障害にお悩みの方は是非ご覧下さい。

当サイトの商品に関する相談窓口もございます。

免責事項
スザンヌみさき制作の「GID-MTFのための女性ホルモン情報」は、掲載の情報についてできるだけ新しくて正確な内容を心がけておりますが、利用者が当サイトの情報を用いて行うことにより、何らかの不利益を被ることがあったとしても、一切の責任を負うものではありません。


関連ページ

女性ホルモン注射してくれる病院の見つけ方
MTFならMTFとハッキリ言うと許可が通り安い。 ただ、「MTFなんですけど・・・」と伝えても相手側の人がわからない確率98%なので、「性同一性障害」と伝えた方が早いです。 総合病院や市民病院などは、前例がないとかいろんな理由を持ちだしてきて断る場合が多いので、なるべく個人が経営してるお店がいいですよ。
デポー注射の原価っていくら?
MTFの女性ホルモンの摂取方法としては、 女性ホルモンの錠剤を飲む方法もありますが、 肝臓の負担、副作用のことを考慮すると、 注射をして行くほうが体に良いです。 ここではそんな女性ホルモン注射についてお話しています

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 女ホルモン 抗男ホルモン 睾丸摘出 バストアップ 脱毛 初心者 悩み