女性ホルモンについての知識【2】

女性ホルモンの知識【2】卵胞ホルモン

女性ホルモンについての知識【2】 卵胞ホルモン(エストロゲン)について

「卵胞(らんぽう)ホルモン」について説明します。

 

女性ホルモンには、大きく分けて「卵胞ホルモン」と「黄体ホルモン」の2種類があります。

 

卵胞ホルモンは主に、女性らしい身体づくりをする力があり、
MTFの場合、皮下脂肪が付く、筋力が落ちる、腰回りに脂肪が付きやすくなる、
おっぱいが大きくなるという働きを促します。

 

黄体(おうたい)ホルモンは、妊娠期の女性に多く分泌されるホルモンで、
主に妊娠・出産に関わる身体づくりを助ける作用があります。

 

長くなるので、今回は「卵胞ホルモン」だけに焦点を当てて説明しますよ!

 

 

 

卵胞ホルモンは、更に3種類ある

日本語では「卵胞ホルモン」といいますが、英語圏では「エストロゲン」と呼ばれています。
(米語: Estrogen, 英語: Oestrogen, 独語: Estrogene)

 

 

一言に「女性ホルモン」というだけで、卵胞ホルモン、黄体ホルモンの2種類あるわけですが…
卵胞ホルモンは更にここから3種類に分かれております。 非常にややこし!

 

ですが、覚えましょう。

 

 ↓  ↓  ↓

 

E2 エストラジオール (まるで戦車)


※画像はWikipediaより引用(M1エイブラムズ)

 

エストラジオールはエストロゲン(卵胞ホルモン)の一種です。

 

エストロゲンの中で最も強い生理活性を持ち、
その活性はエストロンの2倍、エストリオールの10倍になります。

 

まぁ、詳しいことはWikipedia「エストラジオール」を読んで頂きたい。

 

 

重要なポイント。

要するに、最も強い威力を持つ卵胞ホルモンだというワケです。

 

女性ホルモン初期のMTFさん、男性ホルモン値が高く、なかなか下がらないMTFさん、
一気に血液中の女性ホルモン値を上げて、男らしさを排除したい!

 

そう願っているMTFさんにはエストラジオールをオススメするワケですが、
その理由は、エストラジオールが最も強力だからです。

 

まるで戦車です

 

なんとなくイメージ湧いたら嬉しいです。

 

 

 

E2 エチニル・エストラジオール (まるで空母)


※画像はWikipediaより引用(ハリー・S・トルーマン空母)

 

先ほど説明した「エストラジオール」ですけれども、
飲み薬の場合、普通に摂取すると肝臓で分解されてしまいますので、
威力が弱くなりがちです。

 

そのことを考慮して考えられたのが「エチニルエストラジオール」というものです。

 

これは「エチニルエストラジオール」という卵胞ホルモンがあるのではなく、
「エストラジオール」を「エチニル化」させたものになります。

 

 

エチニル化? エチニル化というのは…

アセチレン結合をもつ原子団 HC≡C− をエチニル基といい,これをもつ化合物へと変化させることをエチニル化という。主として W.J.レッペによって研究された。高圧下で銅,銀,水銀またはそのアセチリドを触媒として,アセチレンをケトン類,アミノアルコール類,アミン類に付加させる。
─ コトバンクより引用

 

ちょっとややこしいですが、肝臓での分解&吸収されにくくして、
ダイレクトにホルモンが届くようにコーディネートしたんだと思われます。

 

言葉で説明すると頭が痛くなるんですが、
これ実際に試してみたことある方は理解できると思いますが、

 

とにかく破壊力ハンパないです

 

まるで空母です

 

私の場合、睾丸摘出手術をしているからなのか、
エチニル・エストラジオールが含まれている、リノラルとか飲んだ後は、
腹痛、頭痛、吐き気に襲われて、1日仕事ができないくらいになります。

 

睾丸摘出前はこんなことなかったんですが… 
とにかく、睾丸摘出後のMTFさんは使う必要ないかもしれません。

 

それくらい強力です。

 

 

 

 

E1 エストロン (まるでアサルトライフル)


※画像はWikipediaより引用(AK-47自動小銃)

 

次は「エストロン」です。

 

プレマリンとか、エストロモン、プレモンはこの「エストロン」を主成分としてます。
商品説明ページには「結合型エストロゲン」と書かれていますが、
これは「エストロンを主成分としたいくつかの化合物」のことらしいので、エストロン
…と言っても良いのかもしれません。

 

結合型エストロゲンを主成分としている、プレマリン、エストロモン、プレモンなどは、
多くのMTFが気軽に使っているでしょうし、副作用も比較的少ないと言われています
(とはいえ、全くないワケじゃないよ)

 

エストロンの生理活性は、エストラジオールの半分、エストリオールの5倍あるので、
卵胞ホルモンの中では中程度の力のあるホルモンです。

 

強すぎず、弱すぎず。 といったところでしょうか。

 

その使いやすさと汎用性から、まるでアサルトライフルのAK47のように、
世のMTF業界に広く普及しているホルモンでもあります。

 

 

睾丸摘出手術後のMTFが、ホルモン値を安定させるために使っている
ということが多いのではないでしょうか。

 

 

 

 

E3 エストリオール (のび太くん…)


※画像はWikipediaより引用(野比のび太)

 

「エストリオール」は卵胞ホルモンの中で、最弱の生理活性しかありません。

 

その生理活性能はエストラジオールの1/10、エストロンの1/5程度。

 

まるでのび太くんです…

 

いや、やるときにはやるし、負けん気もあります。
ですが、所詮はのび太くんなのです。

 

 

ちなみに、MTFの場合、エストリオールは使うことがまずないと思います。
私も19歳から女性ホルモンを開始し、現在27歳なので、8年間も女性ホルモン使ってますが、
一度たりとも「エストリオール製剤」を見たことがありません。

 

ネットで見たことあるくらいで、実物は見たことも触ったこともないです。

 

まるで幻ですなぁこりゃ(苦笑)

 

 

Wikipediaによると、エストリオールは医療における「ホルモン補充療法(HRT)」でも
副作用が指摘されているようで、現在はあまり使われていないようですね。

 

 

 

まとめ


絵で表現するとこんな感じです。

 

分かっていただけたら幸いです

 

 


 

「薬を使用する時に超絶意識すること」

 

「女性ホルモンの知識【1】基本的な知識」

メニュー

        女体化ブログ MTFのAGA対策 まつげバサバサ

----
性同一性障害(GID)のMTF向けの女性ホルモンの紹介サイト
性同一性障害(GID)のMTF向けの女性ホルモンを紹介している【GID-MTFのための女体化ホルモン情報】です。

また、豊胸・性転換手術等の解説もしております。性同一性障害にお悩みの方は是非ご覧下さい。

当サイトの商品に関する相談窓口もございます。

免責事項
スザンヌみさき制作の「GID-MTFのための女性ホルモン情報」は、掲載の情報についてできるだけ新しくて正確な内容を心がけておりますが、利用者が当サイトの情報を用いて行うことにより、何らかの不利益を被ることがあったとしても、一切の責任を負うものではありません。


関連ページ

女性ホルモンの知識【1】基本
女性が女性らしくあるためのホルモン。 女性ホルモンには大きく分けて「卵胞ホルモン」と「黄体ホルモン」の 2種類あり、そのうち「女性らしい体つき」を 左右しているのが卵胞ホルモンだと言われている。 更年期の女性や、何らかの理由で思春期を過ぎても 女性ホルモンがあまり分泌しない女性に対しては、女性ホルモンが含まれている薬 (女性ホルモン薬)が医師から処方されたりする(この場合、保険適用) 本来、女性ホルモン薬は作用の強い薬であるため、 医師の処方がない限り一般人が手に入れることはできない
薬を使用する時に意識すること
女性ホルモン、抗男性ホルモン(アンチアンドロゲン)を使うにしても、まずこれ知らないとヤバイし死ぬ危険性もあるから最低限理解しておいたほうがいいことを書き連ねてみた、詳しくは読んでくれ

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 女ホルモン 抗男ホルモン 睾丸摘出 バストアップ 脱毛 初心者 悩み