【Sダッシュ】副作用が出ちゃった!

【Sダッシュ】副作用が出ちゃった!

女性ホルモンの副作用が出ちゃった!

 

「エチニルエストラジオール」が含まれている女性ホルモンは効果が強いので、人によっては副作用が強く出ちゃう場合もあります。

 

私も「エチニルエストラジオール」とは相性が悪いみたいで、リノラルやプロセキソールなどの、エチニルエストラジオールが含まれている
女性ホルモンを飲むと

・吐き気
・頭痛
・腹痛

に襲われます。 

 

「ええっ!じゃ女になれないじゃん!」

 

とか嘆かなくていいです。 マヂで。

 

エチニルエストラジオールの飲み薬は腹痛や頭痛、吐き気などの副作用が強くでますが、女性ホルモン注射の場合はあまり副作用がでないと私は感じています
(完全に私の主観的な体験談ですが)

 

なので、エチニルエストラジオールがキツイって時は、注射に切り替えるなど、別の方法を考えればいいと思います。

 

 

 

 

 

こちらは副作用ではなく、エチニルエストラジオールと抗男性ホルモンの「酢酸シプロテロン」を同時に欲しいのだが、薬代が高くついてしまい、節約したいときの対策です。

 

エチニルエストラジオール薬として知名度があるのは「リノラル、NCノーム、プロセキソール」というものです。

 

最近では「エチニルエストラジオール」という薬もあります。

 

 

薬を2種類買うとお金がかかるので、このときの対策としてダイアン35などのエチニルエストラジオールと酢酸シプロテロンが1錠に含まれているものを使うという方法もあり、実際にそうやって節約しているというMTFさんからメールをもらったこともあります。

 

 

ダイアン35


ダイアン(Diane-35)

 

ダイアン35には、「エチニルエストラジオール」と抗男性ホルモン薬の「酢酸シプロテロン」の両方が含まれているので、一石二鳥な部分はありますな。

 

ただ、量は少ないので、それは頭に入れといたほうがいいですね。

 

→詳しくはこちらの記事参考

 

 

ダイアンどれくらい飲めばいいの?

 

「どれくらい飲めばOK!」ってことはハッキリ言えません。
私はお医者様じゃないので、気になるならかかりつけ医に聞いてちょうだい。

 

それを前提として、話そう。

 

エチニル・エストラジオールは、1日最高でも1.0mgが上限だと、ネットの情報では書いてあるのだけど…。

 

それだと「ダイアンは1日28錠までOK」みたいになっちゃうじゃん、それはコワイぜ、危険だしやめとこう。

 

投与量は自分の体調と相談して決めればいいと思うので、最初は1錠から始めて〜という感じになるのでしょう。

 

またMTFさんの体験談をブログなどで探して参考にする方法もあります。

 

私が過去にやってたのは1日2錠くらいのペースでした。

 

でも、すぐ注射に切り替えたので、全部使い切る前に辞めましたけどね。

 

 

 

ホルモンはあくまで補助として、女体化するためには手術や美容整形することを前提として頑張っていきましょう♪

 

 

次の記事

「1年以内に女性として暮らそう」

メニュー

        女体化ブログ MTFのAGA対策 まつげバサバサ

----
性同一性障害(GID)のMTF向けの女性ホルモンの紹介サイト
性同一性障害(GID)のMTF向けの女性ホルモンを紹介している【GID-MTFのための女体化ホルモン情報】です。

また、豊胸・性転換手術等の解説もしております。性同一性障害にお悩みの方は是非ご覧下さい。

当サイトの商品に関する相談窓口もございます。

免責事項
スザンヌみさき制作の「GID-MTFのための女性ホルモン情報」は、掲載の情報についてできるだけ新しくて正確な内容を心がけておりますが、利用者が当サイトの情報を用いて行うことにより、何らかの不利益を被ることがあったとしても、一切の責任を負うものではありません。


関連ページ

【Sダッシュ!】ホルモン開始〜2週間目
初めて女性ホルモンを身体に入れると、 どんな人でも多少の副作用があります。 この「副作用」ってのはあんまり恐れる必要なくて、 スポーツやってる時の「筋肉痛」みたいなものだと捉えてください。
【Sダッシュ!】ホルモン2週間後〜半年後
女性ホルモンを2週間やってみて「ううーん、特に副作用とか感じないなぁ」と思ったら一気に女性化しようということで、リノラルが強力なのでオススメします。リノラルには「エチニルエストラジオール」っていう、
【Sダッシュ!】1年以内に女性として暮らそう♪
ここまで散々「女性ホルモン」について書いてきましたが… 「女性」として生きるために必要なのは 「女性ホルモン」じゃないです。 女性ホルモンはあくまで、 身体を女性化させるための「補助」的なものであって、 「女性」として生きていくためには、 それとは別の行動が必要になります。

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 女ホルモン 抗男ホルモン 睾丸摘出 バストアップ 脱毛 初心者 悩み