【Sダッシュ!】ホルモン開始〜2週間目

【Sダッシュ!】ホルモン開始〜2週間目

【Sダッシュ!】ホルモン開始〜2週間目

 

ここでは私の体験談もふくめ、女性ホルモン開始直後から睾丸摘出手術までのホルモン量の変化や体の変化について書いていきます。

 

私の個人的な体験談であり、主観でしかありませんので、あくまでイチ個人の意見として聞いて頂ければと思います。

 

また、私の体験なので、すべてのMTFさんに当てはまるワケではないことを前提として読み進めてくださいな。

 

 

さて、MTFで女性ホルモンに手を出す覚悟が固まった人というのは、おそらく女性ホルモンに期待しつつ、副作用がどんなものなのか不安に思っていると思います。

 

これは私の体験を見ても、周囲の友達や、知り合い、メルマガ読者さんからの報告をあわせてみても、かならず体の変化や不調を感じるようです。

 

この体の不調を「副作用」と、捉えるか「ホルモンが効いている」ととらえるかは個人に任せましょう。

 

 

私の体験談でいうと、ホルモン開始から1ヶ月くらいは、だるさや、疲労感が目立っていました。

 

さらに、皮膚が一時的に敏感になっていたのか、台所用の洗剤で手の甲がすごく荒れてしまったのを覚えています。

 

その他、眠気や吐き気がたまにありましたが、1ヶ月を過ぎる頃にはかなり落ち着いていきました。

 

 

程度の差はあるけど、この疲労感や眠気、疲れた感じというのは多くのMTFさんが女性ホルモン開始直後に感じていたようです。

 

しかし、あまり恐れる必要もないと思います。 このとき感じる>「副作用」は、スポーツやってる時の「筋肉痛」みたいなものだと捉えてください。

 

なれない運動をはじめてやった時… 例えば初めてスキーやスノーボードをやった翌日に、太ももやら、ふくらはぎやら、オシリの筋肉やらがバッキバキにコリ固まって痛みを感じた経験があったとしたら、あれと似たようなものです。

 

筋肉があるていど付くまでは筋肉痛が続きますが、1週間もすればかなり落ち着きます。

 

 

 

これと一緒で、女性ホルモン開始直後も体の変化によって、不調があるのだと思います。

 

いきなり大量に女性ホルモンを投与すると、この体の変化が大きくなって、不調が大きくなり、仕事に影響が出たりする可能性があるので、最初は少ない量から初めていき、慣れてきたら量を増やしていくという方法を私はしていましたので、その話も含めて考えてみようと思います

 

 

 

初めてホルモンを投与した場合、以下の副作用が現れることがあります

・吐き気
・だるさ
・眠気(ねむけ)
・肌荒れ
・その他

私はホルモン開始から1ヶ月間は、微妙な吐き気に襲われてましたね。 微妙な(笑)

 

副作用で吐いたことはないですが、「妊婦のつわりってこんな感じかな?」と楽しんでました(笑)

 

だるさ、眠気はホルモン開始1年間くらいはありますね。
(眠気がある時は車の運転は控えた方がいいです。)

 

他の副作用としては、肌が一時的に弱くなっちゃって、台所用洗剤で肌が荒れてザラザラになりました。
(これは3週間くらいで治りました、再発はしてないです)

 

人によって副作用が強めに出たり、まったく出なかったりするんで、それは自分の体調を見ながら調節していくのがいいのではと思います。

 

「私はこんだけホルモンやってるんですけど、増やしたほうがいいですか?」

 

とか、質問されても、それは自分の体に聞いて下さいとしか言いようがないのです

 

 

私だったら、副作用が強いなら量を減らして、副作用が特にないならある程度、一日上限の範囲内でホルモン量を増やしていくかなぁ

 

 

 

プレマリンから始める人多いよね


プレマリン(PREMARIN)アイルランド版 0.625mg

 

↑プレマリンは比較的副作用が少ないホルモン薬で、「初めてのホルモン薬はプレマリンだった」って人も多いですね。

 

慣れてくれば最高で1日8錠まで大丈夫だと(ネットの情報では)言われていますが、ホルモンの量を増やせば女らしくなるわけでもおっぱいが大きくなるワケでもないので、自分の体と相談しながら量を決めたほうがいいと思います

 

ホルモン薬は、一度に大量に飲むのではなく、朝1錠、昼1錠、夜1錠、寝る前1錠

 

てな感じで複数に分けて飲むのがイイらしいので、1度に8錠飲むみたいなことは絶対に止めましょう。

 

そっちのほうが副作用も抑えられるし、身体への負担も多少軽減されるので、ホルモン薬は基本的に複数回に分けて飲むのがいいっすね。

 

 

ちなみに、プレマリンは8時間過ぎると「薬切れ」と言われているので、8時間以上間を空けないようにするのがいいです。
(だからといって一気に何錠も飲まないこと)

 

 

 

黄体ホルモンはプロベラというものがある


プロベラ(Provera)10mg

 

プロベラは「黄体ホルモン」といって、妊娠中の女性が多く分泌するホルモンが含まれています。

 

妊娠中の女性は授乳のためにおっぱいが張ったりするんだけど、それと同じような結果を求めて服用する人が多いですね。

 

プロベラを使ってみた感想としては、

1)乳輪が大きくなる(広がる)
2)乳首が黒くなる

っていう変化が現れました。

 

ホルモン初期はたくさん投与することよりも、身体をホルモンに慣れさせることを意識したほうが、副作用も小さく済むので体への負担や精神的な苦痛も減るかなと思います。

 

ホルモンだけで胸がDカップになった〜! という人でも、Dカップになるまで半年かかったりします。

 

なので、ホルモン開始1週間で胸大きくさせよう!とか、大量に飲めば早く大きくなるかな!?

 

ってことはないので、ゆっくりやったほうがいいと思います。

 

(※てっとり早く胸を大きくさせたいなら豊胸したほうが確実で早いです)

 

 

 

 

2週間は様子見期間ってことで、ホルモンに体を慣れさせてみる。
使ってみて、特に目立った副作用を感じなかったり、「大丈夫かな」と感じたら量を変化させるかな。私ならね。

 

 ↓  ↓  ↓

 

「ホルモン2週間後〜半年後」にGO!

 

 

 

 

スザンヌみさきの体験談

私の場合、女性ホルモン開始直後は、プロギノンデポーという注射薬を2週間に1アンプルのペースで注射していました。
3ヶ月後くらいに血液検査した時、まだ血中の男性ホルモン値が高かったので、量を増やしました。

 

ホルモン量を決める時は必ず血液検査をして、男性ホルモン(テストステロン)値を判断基準にしましょう

 

 

 

※ここで紹介しているホルモンと使用量は、スザンヌみさきの体験によるものであり、医学的に保証された量ではありません。
また効果、効能を示しているものでもないので使用に当っては自己責任で行いましょう。

 

また、このサイトは女性ホルモンの使用をあっせんするものではありません

メニュー

        女体化ブログ MTFのAGA対策 まつげバサバサ

----
性同一性障害(GID)のMTF向けの女性ホルモンの紹介サイト
性同一性障害(GID)のMTF向けの女性ホルモンを紹介している【GID-MTFのための女体化ホルモン情報】です。

また、豊胸・性転換手術等の解説もしております。性同一性障害にお悩みの方は是非ご覧下さい。

当サイトの商品に関する相談窓口もございます。

免責事項
スザンヌみさき制作の「GID-MTFのための女性ホルモン情報」は、掲載の情報についてできるだけ新しくて正確な内容を心がけておりますが、利用者が当サイトの情報を用いて行うことにより、何らかの不利益を被ることがあったとしても、一切の責任を負うものではありません。


関連ページ

【Sダッシュ!】ホルモン2週間後〜半年後
女性ホルモンを2週間やってみて「ううーん、特に副作用とか感じないなぁ」と思ったら一気に女性化しようということで、リノラルが強力なのでオススメします。リノラルには「エチニルエストラジオール」っていう、
【Sダッシュ】副作用が出ちゃった!
1)女性ホルモンを始めた初期の人、 2)既に何年もされている人 3)睾丸がある人、 4)睾丸摘出した人
【Sダッシュ!】1年以内に女性として暮らそう♪
ここまで散々「女性ホルモン」について書いてきましたが… 「女性」として生きるために必要なのは 「女性ホルモン」じゃないです。 女性ホルモンはあくまで、 身体を女性化させるための「補助」的なものであって、 「女性」として生きていくためには、 それとは別の行動が必要になります。

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 女ホルモン 抗男ホルモン 睾丸摘出 バストアップ 脱毛 初心者 悩み