スピロノラクトン

ハイレス100(スピロノラクトン)

ハイレス(Hyles)100mg

 

 

ハイレス100とは抗男性ホルモン薬の一つ。

 

有効成分は声が低くなると話題の「スピロノラクトン」が含まれてます。

 

「ぬぇ!声が低くなるの?」

 

っと思うでしょうけど、うん。声が低くなるみたいよ。
低くなるというか、声が出しづらくなるとの報告をもらってます。

 

 

名古屋MTF嬢の体験談

私のリアルな知り合いのMTFのお嬢が名古屋に住んでました。
当時は23歳だったかな。

 

そのお嬢が女性化を初めて1年くらい経ったときかな、こういう相談を受けたのよ。

 

「みさきさん、私最近声が出しづらい気がしてきたんですけど・・・」
と。

 

最初はなんだろね?って言ってたんだけどさ、原因が不明だったのよ。

 

最近女性ホルモン薬を変えたので、薬を変えたのが、もしかしたら何らかの影響を出しているのかな?と

 

「え?何を変えたの?」 って聞いたら、男性化を抑えるために抗男性ホルモン薬の「ハイレス」ってのを飲みだしたんだそうだ。

 

そして、ハイレスを飲み始めてから声が出しづらくなったんだとか。

 

ハイレス・・・ハイレス・・・ハイレスって何が入ってるのか?
っていうと、「スピロノラクトン」という成分が入っている。

 

スピロノラクトンは抗男性ホルモン薬の多くに含まれているけっこうメジャーな薬なんだけどね。

 

私のリアルな神奈川県川崎市在住のリアルなMTFの知人のお姉さんがスピロノラクトンってさ、副作用として、おしっこが出やすくなる(頻尿)と、声が低くなるって影響があるみたいよ。

 

と教えてくれたんだ。

 

ピーン!ときたね。 そうか、スピロノラクトンか!

 

私はスピロノラクトンは頻尿作用があると知っていたので使ったことは無かったのだが、頻尿どころか声が低くなるって副作用もあったのですね。

 

女性化するために男性ホルモンを押さえてるのに、声が低くなるんじゃ、私達MTFにとっては

役立たずのクソ野郎

としか言い様がない。

 

というワケで、スピロノラクトンが入っている抗男性ホルモン(アンチアンドロゲン)薬はクソだという結論にたどり着いた。

 

スピロノラクトン入りの抗男性ホルモン薬を使うくらいなら、スピロノラクトンじゃない成分・・・

 

例えば、「酢酸シプロテロン」が入っているアンドロキュアーとかシテロンの方がいいんじゃないかと思う。

 

ハイレスは絶対に買わないほうがいいぜ

 

 

「アルダクトン」にGO!

 

「抗男性ホルモン(アンチアンドロゲン)」

The following two tabs change content below.

スザンヌ みさき

まもなく さんじっさいに とつにゅうする あらさーじょしだよ。 でも、よくよくかんがえたら こせきがまだ おとこだから あらさー だんしだよ! ついに わたしも おっさん と  いわれる ねんれいにたっしました。 おかあさん こんなげんきな こに うんでくれて ありがとう!

関連記事

  1. ダイアン-35 (エチニルエストラジオール + 酢酸シプロテロン…
  2. 薬を使用する時に超絶意識すること
  3. シテロン(アンドロクール・ジェネリック)
  4. ダイアン&ダイアンジェネリックの金額を比較してみた
  5. スーシー(Sucee)
  6. アンドロクール(アンドロキュア) 【抗男性ホルモン】
  7. アンドロキュアージェネリック(Androcur generic)…
  8. シテロン辞めてダイアンにしたら男に戻る!?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

女性ホルモン記事一覧

抗男性ホルモン記事一覧

PAGE TOP