パス度UP

【悲報】ファッションに疎すぎて超絶ヤバイわたし

まいど、みさきです。
「女体化」などと叫んでいる私ですが、当の本人は「男性化」が激しいのでは?
と思うほどに男らしくなってる気がします(笑)

上下迷彩服の自撮り(セルフィ)したり。これはもうヤバイ・・・・というワケで

 

レディースファッションを学んでみた

とりあえずネットで「レディースファッション」とか「スカート 着こなし」などと検索してみました。

便利すぎる世の中ですけぇ、調べれば見きれない程のファッション情報が…

 

少ないのは困りますが、多すぎるのも困る。
まさに「過ぎたるは及ばざるがうんちゃら」です。

ファッション情報が溢れすぎてて、あれはカッコ良い、あれはフェミニン、アレはダサい、今どきはこの服装がカワイイ!

などと意味不明の宇宙語に騙されそうです。

 

ファッションに超絶疎いわたしの価値観ではありますがダサいとか、古いとか、遅れてるとか、流行ってないってのは
ただファッション業界の人が意図的に創りだした「幻想」や「価値観の植え込み」であり実際は「本人が好きな格好すれば良いのでは?」

とも思います。

 

ただ、私の主観で見ても私の普段の服装はダサいので改善の余地はありまくりです(笑)

 

コスプレならやれるのに…

記事タイトルにもしてますが、私は超絶ファッションに疎いです
小学生時代から「お前の服装ダサい」と家族から言われ続けた影響なのか、アドラー心理学的に言うと「劣等コンプレックス」があるようです。

・私はダサいから服が似合わない
・服なんて好きなもの着ればいいんだ!ふんっ!
・私はもともとファッションに興味ないし・・・

 

などと、自分の苦手なことを直視せず、逃げてばかりです。
ファッションに対する劣等感を理由に、服装やオシャレから逃げていました

 

まさに「劣等コンプレックス」ですね…。

※「劣等コンプレックス」が分からない人はこちらのサイトを参考に
マンガで分かる「アドラー心理学」第3回:劣等感は、あっていい

 

もう逃げるのは止めて、現実を直視しようと思いファッションについてネットで色々と調べ初めたワケですが…

 

興味が沸かないwwwww

 

人間、知識や技術を持ってること、経験したことがあることなどは興味を持ちやすいですが、劣等感があってあまり知識もないことは、やはり興味持って学べないものです(涙)

いや、でもそうやって逃げてちゃ今までと同じなので、サバゲーの服装とか、ニューハーフクラブで着るドレスみたいな「コスプレ」だと思って取り組んでみようと思う

 

苦手なものは好きなものと関連付ける

女子度のカケラもないんですが、サバゲーが好き過ぎて頭おかしいんです私。
ただ、こういう服装をするにあたり、それなりにネットで各装備や服の柄(迷彩)の名前とか、無意識に調べるものなのです。

 

そして、興味をもって覚えるものなのです。
「これ欲しい!この服装してみたい!」などと乙女心っぽくワクワクするのです。
(乙女心の方向性が間違ってますがw)

 

”服装”という点では、サバゲーの装備もレディースファッションも同じなので、サバゲーに関連付けてファッションを学べば、興味深く、楽しく、ワクワクしながらファッションに取り組めるのでは?
と、感じました。

 

ファッションを楽しむ方法

やっぱ、とりあえず「買うこと」から始めるべきかなと思います。

 

たとえば、私は甘いもの、スイーツが大好きで、アイスクリームとかチョコパフェとか年中食べまくっているんですが、
「好き」だからこそ「買って」食べるし、買うからこそ、その良さが分かるものです

サバゲーの装備も似た感じで、毎月2万円以上使いまくってて、家計にやべーやべーと感じながらも買いたい衝動を抑えられません。

 

もちろん「失敗したな」と思う買い物もけっこうあります。

 

ヘルメットがダサかっただの、ひざ当てがすぐ壊れただの、フェイスガードが顔に合わなかっただの、組み合わせが悪かっただの・・・

これがファッション(服装)だったら、組み合わせ悪くて「私センスないな~うわぁぁ…orz」と感じるのに、サバゲー装備だと「よし、次は違うの買おう。」と前向きになれるワケで(笑)

 

やはり買いまくること、失敗してもめげずに…というか、あまり深く考えずに次に次に次に進むのが大事なのかなと感じます。

失敗したと感じることは悔しいですし、お金を損した気持ちになりますが、「勉強になった」と思えば授業料なのかもしれません。

これは女体化でも同じですし、スポーツや仕事についても同じかも。

 

冷静に考えると「多くの失敗を重ねること」が上達へつながるし、失敗した時の悔しい気持ちがあってこそ、そのジャンルにのめり込めるのかもしれません。

ようするに「金を使え!」ってことですね(笑)

 

PS.

「結局は金ですよ」という話をすると「お金ありません」とか「給料が少なすぎてそんなこと無理です」という感情が湧くと思います。

 

実は「お金を稼ぐ」ってのもファッションに詳しいとかサバゲーが上手っていうのに似てて、「上手な人、下手な人」がいます。

上手な人は「もともと興味あった」という人もいるし、学んでいるウチに詳しくなった
という人もいますし、知人が会社経営してて、とか、借金苦でお金稼がなくてはならなくて…

 

などなど理由は様々。

 

お金稼ぎが下手な人は、下手というよりも純粋に「お金は自分の努力で稼ぎを増やせる」という事実を知らないだけの人が多いです。

というのも、日本の教育が「会社に雇われてお金もらう = 仕事 = 収入を得る方法はそれしかない」という偏った知識しか伝えないため、
「お金について疎い」人が世の中の多数派になってます。

 

最近はネットの普及もあってその限りじゃないんですが、でもやはり「お金に疎い人」は多いですね。

これは”意図的にそう仕組まれてるんじゃないか?”と思うほどです。

 

「お金がないから無理」って言ってる人は、まさにお金に対する「劣等コンプレックス」があるのかもしれないですね。(笑)

ではまた

 

 

このページで紹介してるもの

 

 

 

The following two tabs change content below.

スザンヌ みさき

まもなく さんじっさいに とつにゅうする あらさーじょしだよ。 でも、よくよくかんがえたら こせきがまだ おとこだから あらさー だんしだよ! ついに わたしも おっさん と  いわれる ねんれいにたっしました。 おかあさん こんなげんきな こに うんでくれて ありがとう!

関連記事

  1. スザンヌみさき2016年7月~8月の出来事など
  2. 社会で認められるMTFと認められないMTFの「本当の違い」を暴露…
  3. 自分の声が嫌いで嫌いで仕方ないです
  4. タイ版レッドブル「クラティン・デーン」がオオサカ堂で売ってた件
  5. 女性ホルモン+男で検索してきた人へ
  6. MTFのパス度と女体化進行度をチェックできるサイト作りました
  7. ウエストをくびれさすため3ヶ月ダイエット&コルセット
  8. 最近の更新状況など。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

女性ホルモン記事一覧

抗男性ホルモン記事一覧

PAGE TOP